リトミックってなあに?

リトミック = フランス語(rythmique)で「良いリズム」

リトミックは、スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズ(1865~1950)によって考え出された音楽教育法です。

ダルクローズがジュネーブ音楽学校で教師をしていた当時、ダルクローズは、学生たちが楽譜どおりには弾けるが、表現力に欠けリズミカルでない演奏をすることに気づき、なやみました。

そこで、音楽を聴いて体を動かし、感じ・考え・反応し、表現していくことで頭と体の調和をはかる、リトミック教育が考案されたのです。

リトミック教育の及ぶところは、音楽だけにとどまりません。

リトミックでリズミカルな感覚を身に着けることは、集中力、表現力、記憶力、協調性など、これから生きていくうえで大切な力をはぐくむことにつながっています。
音楽教育であると同時に、人間教育でもあるのです。

さて、教室では、講師とママがタッグを組んで、子どもたちを巻き込みながら楽しい雰囲気でレッスンすることが大切です^^

子どもたちは、ママの体温や気持ちを一番近くで感じながら、そしてママが参加する姿をお手本にしながら、毎回のレッスンにのぞみます。

あせらず、せかさず、どうぞ楽しんで!ご参加くださいね。

(もちろん、パパも一緒にいらしてくださいね!)