リトミックってなあに?

リトミック = フランス語(rythmique)で「よいリズム」「よい流れ」

 

リトミックは、スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズ(1865~1950)によって考え出された音楽教育法です。

ダルクローズがジュネーブ音楽学校で教師をしていた当時、ダルクローズは、学生たちが楽譜どおりには弾けるが、表現力に欠けリズミカルでない演奏をすることに気づき、なやみました。
そこで、音楽を聴いて体を動かし、感じ・考え・反応し、表現していくことで頭と体の調和をはかる、リトミック教育が考案されたのです。

リトミック教育の及ぶところは、音楽だけにとどまりません。
リトミックでリズミカルな感覚を身に着けることは、集中力、表現力、記憶力、協調性など、これから生きていくうえで大切な力をはぐくむことにつながっています。
音楽教育であると同時に、人間教育でもあるのです。

 

教室では、発達やクラスの雰囲気に合わせて
たくさんの音楽あそびを楽しみますが、
その1つ1つにはさまざまな音楽的・教育的なねらいがこめられています。

子どもたちは、ママ・パパの体温や気持ちを一番近くで感じながら、そして参加する姿をお手本にしながら、毎回のレッスンにのぞみます。
ぜひ大人の方がリラックスして、楽しんでください。
レッスンの中で、子どもたちはいろいろな表現をするようになるでしょう。
そのひとつひとつを、受け止めていってください。

リトミックはすぐに効果が見える教育ではありませんが、
幼少期のリトミックの経験は、
お子さんの豊かな人間性・音楽性の、大きな助けになるでしょう。

僕って素敵。私なら大丈夫。

自信をもってリズミカルに人生を楽しめる、そんな大人になってほしいと思います。